大半のネイルサロンで行っているネイルスカルプチャーの技法は「アクリルネイル」です。 ネイル専用のアクリルパウダーとアクリルリキッドを重合反応によって結合させたもので爪の長さを足して造型していきます。

10月 24th, 2018

ネイルスカルプチャーとは、付け爪の一種ですが、意味を正確に翻訳すると爪を作り出す、造型すると言う意味です。アクリルやジェルなどを使って自分の爪よりも長い付け爪を直接自分の爪の上に作り出します。
ネイルスカルプ、と一口で言う場合、あるいはネイルサロンで作ってくれる場合の大部分はアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る場合を指すようです。ジェルと紫外線で作る方はジェルネイルと呼ばれます。ジェルネイルスカルプチャーの素材のひとつはカルジェルと呼ばれたりもします。
ネイルチップは両面テープではるだけですから着脱簡単ですが、地爪に直接付けるネイルスカルプチャーは簡単にはとりはずせません。
ネイルスカルプチャーはその人の爪に合わせて形を作り出していくことができるので、美しさと丈夫さは付け爪の中でも一番です。
ネイルチップは利点もありますね、なんといってもプラスチック製で安いしいろんなバリエーションをそろえることができます。着脱も容易ですが、簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人には向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。
ネイルチップは安いしたくさんそろえる楽しみはあるのですが、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプチャーはお勧めです。
ネイルスカルプチャーはさまざまな点でネイルチップなどの他の付け爪よりも優れているのですが、欠点ももちろんあります。値段が高いのが第一の欠点ですね。そして時間がかかるのがネイルスカルプチャーの第2の欠点。上でも述べましたがネイルスカルプチャーははがすのも一苦労です。
ネイルスカルプチャーの費用を安く上げようと思えば、ネイルスカルプチャー用のキットを買ってきて自宅で造ることはできます。ネイルスカルプチャー作成過程を楽しめる人ならいいでしょうね。でも、不器用で時間のないひとはネイリストのいるネイルサロンでやってもらった方が安全です。
ネイルスカルプチャーのケアに関してですが、ネイルスカルプチャーで作った爪は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになりますので、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。
とはいうものの、美しさの点で、耐久性からもネイルスカルプチャーをお勧めします。ジェルとスカルプとありますが、どちらがお勧めかと言いますと、これはその人次第です。アクリルよりもジェルの方がネイルスカルプチャーをつけるのは簡単ですがその分、耐久性は落ちます。逆にジェルは柔らかい分、万一折れたときの地爪への影響はアクリルより少なくすみます。
ネイルスカルプチャーといえば最近は「アクリルスカルプチャー」の技法を用いているネイルサロンがほとんどです。アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させて作るもので、長くて綺麗なものができますが、作成時のにおいがかなりきついのが欠点です。
ネイルスカルプチャーはジェルもアクリルも一長一短です。カルジェルと言う、いいとこ取りの製品も最近人気みたいですけど。でも、どれにしてもネイルチップに比べれば丈夫で美しいという利点はあります。予算や生活(お仕事)に合わせて例えば指先の保護が大丈夫かどうか、よく考えて選んでくださいね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆デジカメ 稼ぐがちょっと気になっています。◆




Comments are closed.