ネイルスカルプチャーの利点はでも、ネイルチップでは作り出せない自然で美しいフォームです。

10月 18th, 2019

ネイルスカルプチャーはアクリルやジェルなどの素材を用いて自分の爪の上に付け爪を造型することを指します。割れやすい爪の人が爪を補強するために地爪の上に塗るだけの場合はオーバーレイと呼びます。スカルプチャーとは造型するという意味を持つのです。
ネイルスカルプチャーにはその素材によって大きく2種類に分けられます。アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させた「アクリルスカルプチャー」という技法と、フォームの上にジェルを使って爪を造型する「ジェルスカルプチャー」があります。
アクリルネイルにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、どちらにしても土台は自分の爪ですから、一度作ったらはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。
でも、ネイルスカルプチャーの場合、自分の爪に合わせて作りますから、非常に美しい付け爪ができます。ネイルチップに比べれば見た目の美しさはけっこう違います。
ネイルチップはプラスチック製で安いし着脱も容易ですが、それは言い換えると簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人にはネイルチップは向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。
ですから、ネイルスカルプチャーチップの利点も捨てがたいのですが、もともと爪の形が悪かったり、長い爪を好んだりする方にはフォームを自由に作れることや強度が強いことから、ネイルスカルプチャーは便利です。
ネイルスカルプチャーはネイルサロンでの装着後2~3週間で地爪が伸びてきた時に、爪の根元とネイルスカルプチャーとの間に境目が出来たり、スカルプチャーが浮いたり、欠けたりしますので、 定期的なメンテナンスが必要になります。とるときにも削るか溶かすかなのでまた費用がかかります。
ネイルスカルプチャーの費用を安く上げようと思えば、ネイルスカルプチャー用のキットを買ってきて自宅で造ることはできます。ネイルスカルプチャー作成過程を楽しめる人ならいいでしょうね。でも、不器用で時間のないひとはネイリストのいるネイルサロンでやってもらった方が安全です。
ネイルスカルプチャーは地爪の成長に合わせて伸びるわけではありませんので、まめにケアしないとネイルスカルプチャーと伸びてきた地爪との隙間にカビが生えることがあります。スカルプをとるには溶かすしかないので、地肌や地爪も傷めます。
ネイルスカルプチャーはネイルチップと違って、自分の爪にあわせて作っていきますので綺麗で自然な仕上がりです。ジェルネイルは紫外線で硬化させますが、それまではかたまらないので何度も塗りなおせるのもいいですね。
アクリルネイルスカルプチャーはいまやネイルスカルプチャーの主流で、どこのネイルサロンに行っても一言で「ネイルスカルプチャー」といえばこれのことなのがアクリルネイルです。アクリルネイルスカルプチャーは硬くてじょうぶで、長い爪も作りやすいです。
ネイルスカルプチャーはあなたのお仕事や生活環境、つまり使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はインターネット 稼ぐについてです。◆

Comments are closed.