フットサルは最初テレビで紹介されたこともあり、お手軽なサッカーのように考えられていましたが、今ではフットサルの競技人口も増えているし、突き詰めればサッカーとはまったく別の競技といってもいいほど特殊なもので、もちろん足を使う点はサッカーもフットサルも同じですが、フットサルではサッカー以上に足裏やつま先の繊細な感覚が要求されます。

7月 18th, 2019

フットサルシューズはいろいろ種類が豊富で、どのシューズをどう考えて決めればいいのか、私の少ないフットサルプレーヤー経験からですが、ポイントを上げて意見を述べさせていただきます。自分にとっての、特に初めてのフットサルシューズ選びに悩んでいる方はよろしければ読んでみてください。
フットサルは足を使うよく似た競技であるサッカーと異なり、狭いコートで壁も有効に使いながら立体的なプレーをします。フットサルではしたがって、ボールをつかむ、手のように扱う足裏の感触というのが重要視されます。
フットサルの公式コートは基本的に屋内にしつらえられますから、体育館の板張りやウレタン床などの特殊な素材、あるいは人工芝の上でプレーすることになります。でも、フットサル専用体育館を借りるのはお金もかかりますし、フットサルの練習の時には屋外という方が多いとは思います。
フットサルの的確なプレーのためフットサルシューズ選びにはフットサルシューズをはいた状態で足裏やつま先の感覚をいかに自分の素足のそれに近づけるか、そしてコートの質に対応させるかという2点がもっとも重大な問題となるわけです。フットサルシューズ選びの鍵です。
フットサルシューズは前後の遊びがないものを選ぶべきです。つま先の感覚が大切なので、横幅よりも、まずは足のたてのラインがぴったりフィットするものを選んでください。横幅は後から付いてくる、最悪、フットサルシューズが広がるまで耐えるか紐で多少の調整を考えてみてください。
フットサルシューズのアッパーの素材について考えて見ましょう。フットサルシューズ選びでは、ここで何を選ぶかが靴の感覚を大きく変えます。フットサルゲームにおいて素足感覚を最優先するならフットサルシューズの素材は天然皮革がお勧めです。天然皮革のアッパー素材以外のフットサルシューズは考えられません。天然皮革のフットサルシューズのアッパーは伸びるので、手入れすればするほどまるで野球のグローブがなじむようにあなたの足の形にしっくりなじんできます。
天然皮革のアッパー素材のフットサルシューズをメンテナンスする自信がないのであれば人工皮革が丈夫でメンテナンスも比較的ほったらかしで大丈夫です。何より安い!(笑)。ですが素足感覚は犠牲になります。さらにもう一点、合成皮革のアッパー部分はほとんど伸びないので、あなたの素足のサイズにあったフットサルシューズ以外はお勧めできません。
フットサルシューズのアッパーの三番目の素材は布、メッシュなどということになります。この素材のフットサルシューズは耐久性には乏しいのですが、通気性や伸縮性、さらには成型の自由度に優れていますので、専用フットサルシューズをこの素材で作る一流選手も少なくありません。
フットサルシューズのアッパーが決まれば次はソールです。こちらはどこでプレーするかでほぼ選択肢は限られますので、自分のプレイフィールドが決まってない人は安価な場所用の安価なフットサルシューズで対応するという手もあります。
フットサルコートの理想である屋内のウレタンコートでプレーする目的であれば、できるだけ薄いゴムのソールを選ぶことをお勧めします。薄ければ薄いほど、フットサルで大切な足裏の感覚がソールからビビッドに伝わりますし、ここ一番の踏み切りも薄いゴムソール、吸い付くようなフラットなパターンならではのものがあります。クッションのない硬いコンクリートなどであればインドア用のゴムの厚みのある普通のパターンのソールにしてください。足を痛めては元も子もありませんから。
フットサルを屋外でプレーする場合には滑りやすいので、足裏感覚よりもグリップ重視でソールを選ぶことになります。そうなるとサッカーシューズのようにスパイクの付いたものになります。グリップ力の高いスパイクシューズはしかし人工芝のコートでは逆に足をとられることがあるので、人工芝用のフットサルシューズ専用ソールもあります。
フットサルシューズ選びの基本の基本だけ説明させていただきました。フットサルシューズは実際にはメーカーによって同じサイズの表示でも大きく異なりますし、日本人仕様と白人仕様ではまるで別物ので、ネットなどでよく調べた上でお店に行って試着して、フットサルシューズメーカーも決めて、それから安いネット通販で買う(笑)のをお勧めします。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆お金 稼ぐ 方法のことがなんとなく気になりませんか?◆

Comments are closed.