基本的なポイントは、丈夫でしかも軽い、さらに運びやすいスーツケースです。

4月 30th, 2019

スーツケースを持ってさっそうと空港へ。考えただけでも楽しくなりますね。
スーツケースにも様々な素材や、大きさ、型がありますがどんなものを選んだら良いのでしょう?
基本的には、衝撃に強く、軽量で耐久性や走行性が良いスーツケースを選ぶようにします。
まず大切なのは大きさですが、おみやげや着替えの量によって変わってきます。南の島に行くのなら着替えもコンパクトですからね。
素材でいうと、ハードケースは少々重いのが難点ですが耐久性は高く、ソフトケースは柔軟性もあるし片側が深いので奥行きのある荷物も入れやすいのが特徴です。
置き場所がないからレンタルでという人もいますが、使わない時は衣装ケース代わりにしてクローゼットや押入れにしまえばそんなに場所は取りません。
では、さっそくあなたにぴったりのスーツケースを探してみましょう。でも、その前に気をつける点をいくつかアドバイスします。
大は小を兼ねるとはいいますが、あまり大きなものを選ぶと移動をするだけで疲れてしまうので気をつけましょう。
低価格なものは壊れても修理が受けられない場合もあるので、安心できるお店で確かめてから買った方が良いでしょう。
さらにあまり安いものだと壊れやすいだけではなく、補償がきちんとしていないので修理ができなかったり、費用がかさむことがあります。
万が一、鍵が破損した場合も考えてスーツケースベルトは付けておくことをお勧めします。
特に帰りはおみやげなどで荷物が増えますから、着終わった衣類は圧縮袋を上手に使ってコンパクトにしてしまいましょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆お金 稼ぐ 方法がちょっと気になっています。◆

Comments are closed.