一般的なインプラント治療でいえば、人工歯根が歯槽骨と結合する期間だけみても、上顎の場合は約6か月、下顎の場合は約3か月が必要とされます。

4月 21st, 2019

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯にするか、健全な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。
インプラント治療の場合は、インプラントと呼ばれる人工的な歯根を顎に埋めて、その上に義歯を入れるので、他の治療法と比べて根が顎にしっかり植わっているという決定的な違いがあります。
インプラントの人工歯は、とても自然な仕上がりなので、天然の歯と区別がつかないほどですから、見た目も気にする必要がありません。
インプラントの場合は入れ歯と違い、噛んだときに歯肉を押して痛かったりすることもなく、自分の歯と同じように噛むことができます。
インプラントは従来の入れ歯やブリッジと違って、食べかすが付きにくいため、周りの歯が虫歯になりにくいと言われます。
例えば、歯茎の腫れや出血、知覚異常などの可能性があります。
また、インプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。
インプラント治療には、1回法、2回法の2種類があり、一般に、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月の治癒期間を要するといわれます。
インプラント治療には国民健康保険が適用されないので、治療費は1本につき30~50万円と高額になることが多くなっています。
インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられて来ましたが、最近ではチタン製のインプラントを用いることが多くなっています。
歯科医の中には治療後1年間の定期検診が無料で受けられたり、10年間の保証期間を設けていたりと、アフターケアに力を入れているところもありますので、そういった歯科医であれば長く付き合っていくのに最適でしょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆フォト 稼ぐにご興味ありますか?◆

Comments are closed.