言葉の壁は難しい敵です。静かなだけに厄介なのです。幾多の困難を乗り越えようとする日本と外国の国際カップルに重くのしかかりますが、これを克服するにはどうすればいいのでしょうか。

7月 26th, 2018

国際結婚というと世界中を飛び回る職業の人だけがそうしているかのようなイメージが少し前までありましたが、今では日本中で当たり前の結婚のあり方になってきました。
国際結婚は20世紀中ごろまでは、第二次大戦の後の在日米軍兵士とのそれが目立っていたのですが、いつも多いのは身近な国の韓国、でも、最近は中国、フィリピン、タイやロシアの女性と日本男性の国際結婚が増えています。
そういう国際結婚で、最近多いパターンは農家などの仕事がハードで日本人の女性には人気のない職業の方のところに女性が嫁いでくるというものです。しっかり夫婦で支えあっているようにみえる家庭が大部分です。
とはいうものの、国際結婚ですから障壁はたくさんあります。最初のものはさまざまな手続きですね。書類ひとつ出すにしてもややこしいので、代行業者サービスがあったりします。
国際的な慣習の違いなどによる親戚や、地域社会とのすれ違いや衝突が次に問題になりますね。そして、やはり最大の壁は言葉でしょうか。
最初はテンションが高いので言葉の壁は気になりませんが、次第にそれが重くなってきます。
言葉の壁は甘く見てはいけません。明日になれば忘れるさと思っているのは最初だけです。毎日少しずつ、たいしたことのないいろんな思いが蓄積されて、やがてはその壁がどんどん大きくなることだってありうるのですから。
でも、そんなことでこの恋を、憧れだった結婚生活を中断させたくない、一生添い遂げたいんだと言う強い情熱をきっとみなさんお持ちでしょう。
この最大の問題である言葉の壁を克服する方法についてこれから考えて見ましょう。道はあるはずです。
この言葉の壁ですが、生まれたときからのバックグラウンドですから、無くすのは不可能だけど、低くすることはできる……。私はそう思います。壁はいつまでもあなたの前に、高くそびえ立っているわけではない、その認識からはじめてください。
それから、二人で取り組むこと。多くの場合、カップルの一方が相手の言語を話すようにしていると思いますが、言語問題にはできるだけ2人で取り組んでいく、ということです。
壁を二人で認め合うこと、それを二人で克服しようと認識すること。それをしている相手に感謝を忘れずに、思いやること。これを常に続ける根気を持つだけで、言葉の壁はきっと低くなります。がんばって、国際カップルさんたち。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はネクソンポイント 稼ぐについてです。◆

Comments are closed.