ネイルスカルプチャーにはおおまかには2種類あります。アクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプチャーと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプチャーがあります。ジェルの中には新しい素材でカルジェルというのもありますが、これもジェルの一部ですね。

6月 24th, 2018

ネイルスカルプチャーとは付け爪の一種ですが、スカルプチャーネイルフォームと呼ばれる薄いシートを使って、爪の長さ自体をアクリルまたはジェルで造型することを指します。
ネイルスカルプチャーにはその素材によって大きく2種類に分けられます。アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させた「アクリルスカルプチャー」という技法と、フォームの上にジェルを使って爪を造型する「ジェルスカルプチャー」があります。
いずれにせよ、一度作ったら簡単には取り外せないので、両面テープではるだけのネイルチップとは少々使い勝手が異なります。
ネイルスカルプチャーの利点はでも、なんといっても美しいことです。ネイルチップでは作り出せない自然で美しいそしてゴージャスな造型をネイルスカルプチャーは与えてくれます。
ネイルチップが安くて種類が豊富でありながらネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。
ネイルスカルプチャーはそういうことで、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプチャーはお勧めです。
ネイルスカルプチャーの欠点は、なんといっても一つ作るだけでも値段が高いこと、指全部で作るのにかなり時間がかかること、ネイルスカルプチャーを作る人の腕次第で出来栄えがずいぶん変わること、まめな手入れが必要なこと、などです。
ネイルスカルプチャーがネイルチップを貼るみたいに簡単にできればいいのですが、ネイルサロンでやってもらわないことにはどうやって作ったらいいのかわかりませんからね。でも、慣れてくれば自宅用キットで安く、自分ですることもできます。器用な人は楽しいかもしれません。
ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、まめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、とるには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。
ネイルスカルプチャーはネイルチップと違って、自分の爪にあわせて作っていきますので綺麗で自然な仕上がりです。ジェルネイルは紫外線で硬化させますが、それまではかたまらないので何度も塗りなおせるのもいいですね。
アクリルネイルスカルプチャーはネイルスカルプチャーの主流で、最近はどこのネイルサロンに行っても「ネイルスカルプチャー」といえばこれのことなのがアクリルネイルです。硬くてじょうぶで、長い爪も作りやすいです。
ネイルスカルプチャーはあなたの使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップよりはお金もかかりますし、お手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆株 稼ぐをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

世界一やさしい 株の教科書 1年生

価格: 1,598円 レビュー評価: レビュー数:

...さらに詳しい情報はコチラ




Comments are closed.