購入する場合は、機種が決まっているのならネット通販で購入しても良いかもしれません。逆にAV専門店なら少し高くてもアフターのことを考えると安心です。

5月 23rd, 2018

こだわりのホームシアターで最高の画質と音響を楽しむなんて、休日の過ごし方としてはたまりませんね。
ホームシアターセットさえ手に入れれば、自宅でも映画館やコンサート会場の臨場感と感動を再現できるようになるのです。
ホームシアターセットは大画面で映像を楽しむだけでなく、ドルビーデジタル5.1以上に対応した音響設備を使うことで、映画館でしか楽しめなかった前後左右から飛んでくる迫力ある音を楽しめます。
映像機器をテレビにするかプロジェクターにするかということですが、画面の大きさと予算を考えるとスクリーン+プロジェクターの方が安く上がりますが、リビングに設置する場合は薄型テレビの方が手間もかからず通常の番組も見れるので一般的でしょう。
音響セットは、どの音も一方向から、あるいは全方向から出ているのではなく、画像に合わせて適正の場所から音を出すことで車の走り去る音が前から後ろに流れ、木々の葉のざわめき、大爆発の音が全身を包むようになるのです。
5.1chというのは、ステレオを想像していただけるとわかり易いのですが、ステレオは2つスピーカー(2ch)で、物が左右に移動する音を表現しています。5.1chはスピーカーが5つになり、それぞれが独立した音声を出力します。
それでは、ホームシアターセットを買うのにあたっての注意点も考えてみたいと思います。
はじめにプロジェクターを使用する場合ですが、 視聴エリアの広さで選ぶなら断然天吊りが優れています。本体の真下でも前でも遮るものがないので、プロジェクターの存在すら意識しなくてもすみます。ただ、設置や調整には手間がかかりますね。
それから電源ですが、アンプの背面やビデオの背面にあるサービス用電源連動コンセントは便利ですが、アンプに対して接続した機器が悪さをしたり、またその逆にアンプが接続機器の信号に影響を与えたりするので出来るだけ使わないようにしましょう。
同じ予算で、より大きな画面を手に入れるのなら大画面テレビよりもプロジェクター&スクリーンの方がインチサイズで比較すると格安になっています。
購入する機種が決まっているようならネット家電は安いので良いかもしれません。ただオークションはちょっとリスクもあるので気をつけてください。
ホームシアターを導入するのは、高いようで実は結構お得だったりします。映画を映画館で鑑賞するのと、ホームシアターで見るのでは掛かる金額が違うので、映画を見る本数が多い人ほど差額分で「得をした」とも言えますね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆アフィリエイトで稼ぐについてご存知でしたか?◆




Comments are closed.