腰痛の対策をする前に、まずは腰痛の原因を知ることが大切です。腰痛には姿勢の悪さ、激しい運動や労働、老化、内臓の病気、精神的ストレス、事故など様々な原因があります。

5月 14th, 2018

腰痛ってつらいものです。腰痛対策をして毎日快適に過ごしたいものですが、そもそも腰痛の対策はどのようにすればよいのでしょう?
腰痛にも様々な原因があります。腰痛対策をする時には、自分の腰痛の原因が何かを知ることが大切です。特に腰痛症は現代人の習慣病とまで言われています。
腰痛には、急性のものと慢性腰痛、姿勢が悪いことから来る腰痛などがありますが、最近では精神的なストレスも腰痛の原因となることがわかっています。
背骨が原因の腰痛の場合は、脊柱やそれを支える筋肉が異常であることが考えられます。ぎっくり腰もこれに当てはまりますね。
内科的な疾患がある場合の腰痛は、腰のくびれより上と骨盤に痛みが出ることが多いのですが、原因としては腎臓、膀胱などの泌尿器系と精巣、卵巣、子宮などの生殖器系に分けられます。
特に女性は男性に比べると精神的に不安定になりやすいため、それが腰痛の原因になる場合もあります。生理や妊娠、出産、閉経などによりホルモンバランスが崩れることも大きく関係しているのです。
人間が同じ姿勢を保つ筋肉というのは、30分しか持たないそうです。それ以上になると、体を痛めてしまいます。長い時間イスに座っての仕事も最初は姿勢を正していても、徐々に腰が曲がったり頭が前に倒れて腰に負担がかかったりするようになります。
そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。
さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。
実を言うと、肥満気味の人は減量をすることで腰痛が治ることもあります。肥満気味の場合は、普段から腰にかかる負担が多いので、それを減らしてあげるだけで改善するのです。
時々背筋を思い切り伸ばしてあげることも腰痛対策として取り入れたい習慣ですね。ストレッチは全身の血行を促進しますが、ポイントは無理をせずに気持ちがいい状態で行なうことです。
ストレスが原因の腰痛は、自律神経の乱れにより、交感神経と副交感神経のバランスがくずれることから起こります。日ごろの生活習慣を見直したり、運動をこころがけ、あまり症状がひどい場合にはカウンセリングを受けたりすることも検討してみましょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆メール 稼ぐをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.