噛む力はインプラントを伝わって骨が負担するため、残りの歯に負担がかかり過ぎることがありません。

4月 28th, 2018

インプラントとひと口に言っても実は様々なシステムがあり、それに基づく理論や特性、治療法、安全性はそれぞれ異なります。
永久歯が抜けてしまった場合の選択肢としては、入れ歯を使う、ブリッジをかける、それからインプラント治療などが考えられます。
インプラント治療の場合、あごに人工の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に人工の歯を入れるので、ほかの治療法と比べると義歯がしっかりと顎に植わっているという違いがあります。
インプラントの人工歯は、とても自然な仕上がりなので、天然の歯と区別がつかないほどですから、見た目も気にする必要がありません。
入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだりして外れてしまった場合に誤飲したり、のどにつかえたりすることがありますが、インプラントはそのような事故がおこることはありません。
インプラントは噛む力を骨で支えるために、残りの歯に負担がかかり過ぎるということがありません。
例えば、歯茎の腫れや出血、知覚異常などの可能性があります。
また、下顎骨にインプラントを埋入する場合、下顎の下の方を走行している神経をドリルで傷つけると麻痺が出る可能性があります。
インプラントの治療は上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月という長期の治療期間が必要となります。ただし、治療期間中は仮歯を使用することが可能です。
インプラントの治療費は、口内の状態や補助手術の有無、手術システム、インプラントの種類、医療機関によって異なりますが、おおよそ1歯につき15~50万円です。
インプラントには、その方法や材料によって、世界で数百種類、日本では数十種類のものがありますが、現在では金属アレルギーの心配がないチタン製が多くなっています。
インプラント治療を施術してもらう歯科医院を選ぶ上で重要なのは、治療費だけではなく経験と技術のある歯科医師がいること、しっかりとしたアフターケアを受けられることです。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆パソコン 稼ぐをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.