ネイルスカルプ、と一口で言う場合、あるいはネイルサロンで作ってくれる場合の大部分はアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る場合を指すようです。ジェルと紫外線で作る方はジェルネイルと呼ばれます。ジェルネイルスカルプチャーの素材のひとつはカルジェルと呼ばれたりもします。

3月 21st, 2018

ネイルスカルプチャーとは、付け爪の一種ですが、意味を正確に翻訳すると爪を作り出す、造型すると言う意味です。アクリルやジェルなどを使って自分の爪よりも長い付け爪を直接自分の爪の上に作り出します。
単純にネイルスカルプという場合は最近のネイルサロンの場合、アクリルパウダーとアクリルリキッドで作るネイルスカルプチャーを言い、ジェルのネイルスカルプチャーはジェルネイルと呼ばれることが多いようです。
アクリルネイルにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、どちらにしても土台は自分の爪ですから、一度作ったらはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。
ネイルスカルプチャーはネイルチップに比べれば自然で美しいそしてゴージャスなフォームを作り出すことができます。美しさでは断然上です。
ネイルチップは安いから大量にそろえて毎日取り替えるという楽しみはあります。でも、ネイルスカルプチャーと違ってちょっと物に指先が触れただけで簡単に取れてしまうことがあること、そして形が決まっているので爪のカーブが強い人や個性的な形の人には向きません。
ネイルチップはそういうことで、個性的な手をしている方、小柄な方、爪の形が一般的ではない方(個性ですから悪いことではないですよ)には向きません、そういう方には自在なフォームが作れるネイルスカルプチャーの選択をお勧めします。
ネイルスカルプチャーはネイルチップなどのさまざまなネイルアートの中ではもっとも高価な方ですし、着けるのに時間が掛かります。 ネイルスカルプチャーを剥がすには、やすりで削っていくかアセトンなどで溶かすしかないため、頻繁に着け外しをすると自分の爪を傷めることがあります。
ネイルスカルプチャーの費用を安く上げようと思えば、ネイルスカルプチャー用のキットを買ってきて自宅で造ることはできます。ネイルスカルプチャー作成過程を楽しめる人ならいいでしょうね。でも、不器用で時間のないひとはネイリストのいるネイルサロンでやってもらった方が安全です。
ネイルスカルプチャーはもちろん成長するわけではありません。ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、まめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、取るには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。
ネイルスカルプチャーはネイルチップと違って、自分の爪にあわせて作っていきますので綺麗で自然な仕上がりです。ジェルネイルは紫外線で硬化させますが、それまではかたまらないので何度も塗りなおせるのもいいですね。
「アクリルスカルプチャー」の技法を用いているネイルサロンがほとんどなのが最近のネイルスカルプチャーの実態です。アクリルネイルスカルプチャーは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させて作るもので、長くて綺麗なものができますが、作成時のにおいがかなりきついのが欠点です。
ネイルスカルプチャーはあなたの使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップよりはお金もかかりますし、お手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆アフェリエイト 稼ぐについてご存知でしたか?◆

Comments are closed.