エッセンシャルオイルは資格を得た、つまりきちんと教育を受けたアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。

2月 27th, 2018

エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、最近の日本ではアロマセラピーで有名になりましたが、流通量としては工業用のほうが多い香りのエッセンスで、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。
エッセンシャルオイルは、たとえばジャスミンなどの場合、大量の花びらからほんの少ししか取り出すことができません。
花びらから搾り取るジャスミンのエッセンシャルオイルはそういう理由で、ごく少量でも大変に高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
このような高価な、薬と言ってもいい天然のジャスミンのエッセンシャルオイルですが、具体的にはどのように使われるのでしょうか?
ジャスミンと言う言葉の響きは、日本人には柔らかい印象を与えてくれます。アニメの女の子のキャラクターだとか、女の子女の子した印象がありますね。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)と言い、北アフリカやイタリアで主に生産されています。
現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンと言うやさしい響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは「香りの王」と呼ばれ、「香りの女王」と称されるローズエッセンシャルオイルと対比されます。甘くてエキゾチックな香りは沈静作用と高揚感発揚の二つの面を合わせもち、抗うつ治療にも使われるエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルは魔女の秘密の媚薬の主成分としても使われていました。女性にも男性にも、性的な興奮をもたらし、ポテンシャルを高める(インポテンツにも効果的です)ので、勝負下着にこっそりふりかけておくと効果的かもしれませんね
ジャスミンエッセンシャルオイルには他に子宮の収縮を促進してくれる作用があるので、分娩の時には陣痛促進と、スムーズな子宮収縮による安産に効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ヤフオク 稼ぐをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.