それから、通常の軽ワゴンを改造する場合ですが、専門の業者に持ち込んだり、自作でオリジナルの軽自動車キャンピングカーを作ってしまったりというのも楽しいですね。

2月 22nd, 2018

キャンピングカーは知っているけど、それの軽自動車版なんてあるの?初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くとほとんどの人がそう言います。
車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。
取り回しも楽なので、アウトドア志向の男性や家族連れだけでなく、団塊の世代が温泉めぐりをしたり、独身女性がペットを連れて気楽に一人旅をしたりなんていうことにも最適です。
普通、キャンピングカーというと500万円はするものですが、軽自動車なら200万円台、軽のワンボックスを改造するのなら100万円以下で手に入ります。
値段だけではなく、軽自動車の特典としてガソリン代や保険料、高速料金なども割安です。
もちろん金銭面だけではありません。軽自動車のキャンピングカーならではのメリットとして、小回りが利く、駐車スペースに困らないなど長所はたくさんあります。
軽自動車のキャンピングカーが持つ魅力について紹介をしたところで、いよいよその手に入れ方です。
まずはディーラーで購入する方法ですが、普通のディーラーでは扱っていないので、ネットや雑誌で軽自動車のキャンピングカー専門店を探して資料請求してみましょう。
もうひとつの方法は、普通の軽ワゴンを改造してしまうというものです。専門の業者もありますし、腕に自身がある人は自作に挑戦してみるのもいいですね。
コンパクトなボディと広い車内は、キャンプだけではなく、登山やスキー、バードウオッチングなど様々なシーンで活躍します。
軽自動車のキャンピングカーの活躍するのは、自然の中だけではありません。店先の駐車場やコインパーキングにも停められるので、街中でも安心。ショッピングやグルメスポット巡りと行動エリアはさらに広がります。
これが、アウトドア派の男性だけではなく、シニア層や若い女性にも注目されている大きな理由なのかもしれません。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆株 稼ぐについてご存知でしたか?◆

Comments are closed.